FC2ブログ

陶芸作品ギャラリー

うさぎをモチーフに作った人形やら器やら小物やらの作品集です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

招きうさぎハートバージョン

works-n5142.jpg


ピンクのハートを抱えてる招きうさぎちゃんたち。
招くのは「愛」と「幸せ」です。
残念ながら「金運」は期待できそうにありません(笑)

仕草は思いっきり擬人化してるのに、毛色がリアルっぽいの。



土:信楽並こし
形成:手びねり
釉薬:透明、灰釉、織部、コンセプト
焼成:酸化焼成
スポンサーサイト

釉薬を散らした皿

works-n5129.jpg

釉薬を散らした湯呑」と同じデザインでお皿も作りました。
釉薬はランダムに散らしてるので同じ模様はありません。
勢いで散らしたので、なかなかバランス良く散らないのよねー。



カップとセットで使うとこんな感じ。
2012年7月の個展では、このセットでお茶とお菓子を出しました♪
works-n5137.jpg



土:信楽並こし
形成:タタラ
釉薬:透明、織部、飴、青萩
焼成:酸化焼成

釉薬を散らした湯呑

works-n5121.jpg


余った土でなんとなく作った湯のみが、手にものすごくしっくりくる持ち安い形になったのですが、なんとなくシンプルすぎてつまんない感じでした。
形はそのままに、装飾を変えて作ったのがこのカップ。

二種類の釉薬を筆でランダムに散らしてます。



土:信楽並こし
形成:電動轆轤
釉薬:透明、織部、飴、青萩
焼成:酸化焼成

ひょっこり植木鉢

works-n5093.jpg
works-n5103.jpg

植木鉢を作りました。
フチには二匹並んだうさぎさん。
うさぎさんたちは、鉢にくっつけてあり、取り外し不可です。
なぜ「ひょっこり」植木鉢なのかと申しますと・・・・。




こんな風に植物を植えると、森の中からひょこっとうさぎさんたちが顔を覗かせているように見えるからなのです♪
P7076878.jpg

P6296703.jpg




土:信楽並濾、テラコッタ、白化粧土
形成:手びねり
釉薬:透明、ペルシャ青
焼成:酸化焼成

ひょっこり一匹バージョン

「ひょっこり植木鉢」のうさぎ一匹バージョンです。
手のひらサイズの小さめ植木鉢なので、お部屋の片隅に置いて楽しめますよ♪
works-n5089.jpg


works-n5098.jpg




土:信楽並濾、テラコッタ
形成:手びねり
釉薬:飴、卯の斑、織部、古萩
焼成:酸化焼成

うさぎ型の小物入れ

works-n5079.jpg


ちょっと目つきが生意気そう?
背中が小物入れになってます。
立ち耳さんには底に小さな穴が開いているので、植木鉢としても使えます・・・と言うか、最初は植木鉢として使おうと思って作ったのですが、途中で気分変わっちゃったのです(^_^;)




土:信楽並濾
形成:手びねり
釉薬:透明、コンセプト
焼成:酸化焼成



三毛のロップちゃん

works-n5066.jpg

グレー、茶、白の三色のブロークンうさちゃん。
前足が体の重さに耐え切れず、作ってる最中にジワジワと前のめりに崩れかけてきて、つっかえに粘土の塊をお腹の下に置いたり、タオルをかませて浮かせてみたりしながら作りました。
カナリヤッカイダッタヨ!
苦労のかいあって、かわいく出来上がりました♪




土:信楽並濾
形成:手びねり
釉薬:黒マット、卯の斑、飴
焼成:酸化焼成


課題のグレー

works-n5055.jpg

下の記事にもグレーの釉薬について書きましたが、このうさぎさんもグレー釉薬作りの過程で試行錯誤しまくったうさぎさん。
「グレーのコ作って!」というリクエストがずいぶん前からあったのに、いまだ納得できるグレーが出来上がってません。


黒系釉薬の上から白系釉薬を重ねることで、ある程度グレーっぽく見せることはできるのですが、単体でグレーに発色する釉薬が欲しくて、透明釉に練り顔料を溶かしてみたり、卯の斑に黒絵の具溶かしてみたり。
このうさぎさんだいぶ狙いに近くなってきてはいますが、もうちょっと頑張ってみようと思います。




土:信楽並濾+テラコッタMIX
形成:手びねり
釉薬:黒マット、卯の斑、グレー系釉
焼成:酸化焼成


茶ダッチ

works-n5043.jpg


胸を張る茶ダッチちゃん♪
仕上がりも気に入ってるんですが、右後ろ足の付け根にヘアライン状のヒビが~![
結構大きいので、焼くときに重さに耐えられなかったのかしら?
しかし、ほぼ分からないぐらいに補修できましたよ(^^)v



土:信楽並濾
形成:手びねり
釉薬:黒マット、しろマット
焼成:酸化焼成

セーブルポイントのうさぎさん

works-n5029.jpg

シェイド系のグラデーションかかった毛色を表現するのって難しいわー。
霧吹きを使いましたが、なかなか狙った位置に狙った濃さでかかりません。
そして、単体でグレーに発色する釉薬を持ってないので、重ねがけたり、MIXしたりと試行錯誤中です。





土:信楽並濾
形成:手びねり
釉薬:黒マット、卯の斑
焼成:酸化焼成

立ち姿ロップちゃん

works-n5022.jpg


立ち上がって上方を気にするロップちゃん。
黒マットをスポンジでたたくように乗せてから、白マット釉をかけました。
気に入った濃さのグレーを出すのが難しいです。
スポンジの目の粗さによっても雰囲気が変わるかもしれませんね。




土:信楽並濾
形成:手びねり
釉薬:黒マット、しろマット
焼成:酸化焼成

愛を込めて

2012年7月6~8日に初めての個展「うさぎ'N本舗展~愛しのうさぎ達~」を開催しました。
企画展やグループ展には多々参加させていただいたことはあるのですが、個展は初めて。
個展と言っても「うさぎ'N本舗展」なので正確には二人展かも?

その展示会のDMに使った作品です。
大きなハートに「LOVE」の文字。
works-n4914.jpg


垂れ耳ちゃんバージョンもありますよ。
works-n4920.jpg




土:信楽並濾(顔料練込)、いろいろMIX
形成:手びねり、タタラ
釉薬:透明、織部
焼成:酸化焼成

こいのぼり

works-n4999.jpg


毎年作ってるこいのぼり作品です。2012年バージョン。
過去のこいのぼりは、コレとかコレとか。

毎年少しずつ違う作品にはなってますが、こいのぼりは基本同じ(笑)

ちなみにうさぎさんの頭の上のは、バナナじゃないよ。カブトの飾りだよー。




土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

ニンジン収穫!

フタの上では、うさぎさんが大きなニンジンを一生懸命ひっぱってます。
抜けるかなー?誰かお手伝いに行った方がいいんじゃない?
「大きな蕪」のお話みたいだね。
works-n4974.jpg

works-n4973.jpg




土:信楽並こし
形成:電動轆轤
釉薬:透明、青伊羅保、コンセプト
焼成:酸化焼成

樹脂粘土のキーチェーン

works-n4897.jpg


かわいい木製の丸いチャームに、樹脂粘土製のうさぎさんやらお花やらビーズやらパールやらを、あれこれもりもりとデコりました。
自作なのはうさぎだけじゃん!とか言っちゃダメ~(>_<)




土:コスモス

おうち型小物入れ

おうちの形の小物入れ。
屋根がフタになっています。
うまくかみ合うようにかかりを工夫しました。
works-n4876.jpg

works-n4879.jpg



ハウスシリーズのキャンドルホルダーと並べるとサイズが比較できますね。
大小勢ぞろい!
works-n4896.jpg




土:信楽並こし
形成:タタラ
釉薬:透明、コンセプト
焼成:酸化焼成

ワインカップとゴブレット

works-n4846.jpg
かっとびうさぎさんを貼り付けた短めの足のワインカップです。
色違いで作って並べてみたよ。



こちらはちょいと大きめサイズ。茶色のみ。
うさぎさんの目つきが若干コワイ(^_^;)
works-n4841.jpg




土:信楽並こし
形成:電動轆轤
釉薬:透明、飴、織部、青伊羅保、辰砂(酸化用)
焼成:酸化焼成

ミルクピッチャー

works-n4839.jpg

ハンドルがうさぎさんの形のミルクピッチャー。
水切れもなかなかGOODでした♪
一輪挿しや爪楊枝立てとして使ってもかわいいと思います。



土:信楽並こし
形成:電動轆轤
釉薬:透明、飴
焼成:酸化焼成



うちのコカップ

大変ありがたいことに、陶うさぎ人形のオーダーを時々頂きます。
だけど、長毛種のうさぎさんを立体にするのは、とっても難しくて、今はまだお断りするしかない私の技術力・・・(T_T)

だけど、絵柄なら長毛だろうが問題ないのです\(^o^)/
そう思ってはじめたこのシリーズ。
もちろん短毛種も作れます。
works-n4626.jpg


アウトラインの細い線だけ、針で浅く彫って顔料(下絵の具など)を塗りこみ、素焼きします。
そして素焼き後に下絵の具で着色して施釉して本焼き。
写真を見ながら絵付けしています。
立体では表現しきれないふんわり感が出せるところがいいところですね。

オーダー受け付けております。
うちのコモデルのカップをご希望の方は nao4542@hotmail.com までメールでお問い合わせ下さいませ。



works-n4811.jpg
works-n4812.jpg
works-n4984.jpg
works-n4987.jpg




土:信楽並こし
形成:電動轆轤
釉薬:透明、浅水青磁
焼成:酸化焼成

花かご「ドーナツシリーズ」

グループ展向けの「春のうさぎ」をテーマにした作品。



春の陽気に誘われて、お外でおやつ。
「一個あげるね。一緒に食べよう。」
works-n4797.jpg


「もぐもぐもぐもぐ・・・」
works-n4802.jpg



土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

花かご「読書シリーズ」

グループ展に向けて「春のうさぎ」をテーマにした作品を作ろうということで作った作品。

春暖かくなってきて、公園のベンチで読書を楽しむうさぎさん。
works-n4787.jpg


ポカポカで気持ちよくなっちゃってうたたね中(笑)
works-n4793.jpg



土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

お花畑にたたずむうさぴょん

works-n4779.jpg


このタイプの「花かごうさぎ」作品は、かごの装飾やお花は違えど、コンスタントに作り続けています。
今回は、かごの周囲にレースをつけました。
ラブリーな感じに仕上がりましたよ♪



土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

お正月の鉢入りうさぎ

works-n4774.jpg

こちらも2012年のお正月向けに、うさフェスタに出品。
写真では見づらいけど、かがみもちやダルマにもうさ耳がはえてます。




土:コスモス

門松

works-n4754.jpg

2012年のお正月に向けて作った作品。
2010年のうさフェスタで販売しました。

クリスマス、お正月向けの作品は樹脂粘土を使ったものが多いんです。
カラフル華やかに仕上がるからね♪



土:コスモス


うさベル

ドレスを着ておめかししたうさぎさんたち。
口元もっふり♪
works-n4738.jpg



このコたち、ベルになっています。
ドレスの内側に陶玉がブラブラ。
意外に高い澄んだいい音です。
うさぎさんのおやつタイムに鳴らしてたら、そのうち鳴らしただけでうれしそうに寄ってくるようになるはず!
works-n4741.jpg



土:上白
形成:手びねり
釉薬:透明、コンセプト
焼成:酸化焼成

寄り添う二匹の皿

カップ類を轆轤で挽いたあとの余った土で作った皿。
思いのほかうのまくできたので、いくつか増産したいと思ってます。

寄り添ううさぎさん二匹♪
works-n4726.jpg

絵柄部分拡大。
works-n4727.jpg




土:信楽並漉
形成:電動轆轤
釉薬:透明、飴、白マット
焼成:酸化焼成

鳥ブローチ

鳥もうさぎも一羽二羽。
最近ではうさぎさんは一匹二匹と数えることのほうが多いみたいですね。

かわいい鳥のクッキー型を見つけたので使ってみたくて仕方なかっただけです(笑)
型抜きした鳥さんに線象嵌と着色して、ブローチに仕上げました。
works-n4723.jpg




土:上白
形成:タタラ
釉薬:透明、コンセプト
焼成:酸化焼成

ライトを入れると・・・

キャンドルホルダーの「うさハウス」をまたまた作ってます。
一軒一軒色も模様も違います。

窓から覗くうさぎさん。
works-n4708.jpg


反対の窓では、ロップちゃんがやってきた鳥さんとおしゃべり中。
works-n4709.jpg



色の変わるLEDライトを入れてみました。
こんな感じで光ります♪
works-n4703.jpg



土:信楽並こし
形成:タタラ
釉薬:透明、コンセプト
焼成:酸化焼成

つる性植物の花器

クルクルと渦を巻く、つる性植物をモチーフにした花器です。
この作品にうさぎさんはいません。

ずいぶん昔に作った「UFO」と同じ形式です。


つるの渦巻きが若干不気味な感じもしますが、生命力なんかも感じます。
works-n4666.jpg


穴にお花を挿します。
ワラビみたいなうずまきちゃんは、取り外し可能。
花とのバランスを考えてお好きな場所に挿してもいいし、花なしでオブジェにも。
works-n4672.jpg




土:テラコッタ、白化粧土
形成:タタラ、石膏型に貼り付け
釉薬:透明(内部のみ)、飴、卯の斑
焼成:酸化焼成

背中にポッカリ

works-n4661.jpg
胴が若干寸足らずなのか、頭が大きすぎるのか、なんだかちょっと仔ウサのような比率になっちゃいました。
なぜなら、それは、土が足りなくなっちゃったからです(笑)
私お得意のテキトーMIX土なので、同じ土は二度と作れません。
今ある量の土でなんとかするしかなかったの。


どうしても土が足りずに穴あきにしちゃったよ。わおー。
ペンスタンドとしてお嫁に行きました。
ケガの功名と言いますか・・・・(^_^;)
works-n4665.jpg




土:いろいろMIX
形成:手びねり
釉薬:卯の斑、飴
焼成:酸化焼成
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。