FC2ブログ

陶芸作品ギャラリー

うさぎをモチーフに作った人形やら器やら小物やらの作品集です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デサートカップ

works-n4395.jpg


足付きのデザートカップです。
鉢の部分と足の部分を別々にロクロで挽いて合体させました。
上の鉢の部分は3つともほぼ同じサイズに挽けたんですが、足がそれぞれダイコンだったりカモシカだったり。
一個一個違ってても個性があって楽しいので良し。
プリンとかアイスクリームの美味しさが引立つといいな~♪


土:信楽並こし
形成:電動轆轤
釉薬:卯の斑、浅水青磁、コンセプト
焼成:酸化焼成


スポンサーサイト

やっぱりご飯がいいね

電動轆轤の練習をはじめた頃は、筒状の湯のみなどよりも、ラッパ状の飯碗が先に上達しました。
遠心力で外へ広げる形の方が簡単なんだそうな。
なるほどね。

何度も練習したので、この形は得意です。
マスキングテープを使って釉薬をかけ分けました。
外側は、私にはめずらしく(?)、「和」な感じの仕上がりです。
works-n4409.jpg



ご飯を食べ終わると、やはりうさぎさんがお出まし。
works-n4408.jpg




土:信楽並こし
形成:電動轆轤
釉薬:茶釉、織部、透明、コンセプト
焼成:酸化焼成

濃度調整が難しい

works-n4391.jpg


弁柄の発色が思ってた濃さに出ませんでした。
形がよかっただけに、なおさらガックリ。
これはこれでちょっぴりアンティーク風(?)に見えていいのかもしれませんが。
顔料も絵具も釉薬も濃さの調節が難しいですね・・・。


土:信楽並こし
形成:電動轆轤
釉薬:灰釉、織部、紫釉
焼成:酸化焼成


緑が茶色に

ちょっと深さのある皿を作りたかったのに、なぜか小鉢になっちゃいました(^_^;)
腰のあたりの削りも若干甘いかな~?
安定感のある小鉢です・・・と言っておけば聞こえがいいね。

works-n4384.jpg



カラー釉薬「コンセプト」で塗りわけました。
works-n4381.jpg


うさぎさんの下の地面は、グリーンの原っぱのはずが、発色悪くて茶色になってます・・・。
以前も、たんぽぽカップ作った時にこうなったのよねー。
濃度が薄かった場合に茶色になるんだろうと思ったので、今回は濃い目に塗ったのにまたダメでした。
もっと濃くしなきゃいけないのかな?
それとも、もっと別の原因??



土:信楽並こし
形成:電動轆轤
釉薬:青萩、コンセプト
焼成:酸化焼成

ちっさーいうさぎさん

白いカップを作りました。
最初はうさ無しカップだったんですが、やっぱり入れちゃいました(*^_^*)

よーく見ると、ドットのいくつかにはお耳がついてます。
小さな小さなうさぎさんつき。
かなり控えめシンプルなカップになりました。
works-n4376.jpg



ドット、もうちょっと大きくてもよかったかな?
色違いもあるよ。
works-n4374.jpg



同じカップの柄ちがいも作りましたよ。
こちらもシンプルに跳ねうさぎが一匹のみ。
works-n4378.jpg



土:信楽並こし
形成:電動轆轤
釉薬:卯の斑、コンセプト
焼成:酸化焼成

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。