FC2ブログ

陶芸作品ギャラリー

うさぎをモチーフに作った人形やら器やら小物やらの作品集です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

楕円のボウル

楕円の石膏の型を利用して、下半分を作り、そこへ帯状の粘土をぐるりと巻き付けて凹凸をつけました。
茶色の下絵具を薄めに溶いて、たっぷりめに塗って凹凸に濃淡をつけてあります。

works-n4364.jpg


works-n4365.jpg



土:MIX
形成:タタラ
釉薬:白マット、透明
焼成:酸化焼成
スポンサーサイト

練り込みのバラ

works-n4362.jpg

某陶芸雑誌に載ってた練りこみの技法を参考に、バラ模様の小皿を作りました。
まず最初に、二種類の土のブレンド割合を変えて、7段階の濃淡のついた土を作るのです。
・・・そこで力尽きそうになりました。
それから重ねたり、カットしたり、貼り合せたり、巻きつけたり、寝かせたり、スライスしたり。
なんて手間がかかるの!!
てまひまかけて作ったけど、土の層に添って亀裂が入ったりして、成功率は半分強でした。
難しい~。
次は顔料混ぜて、カラー土でやってみたいと思います。


土:テラコッタ&信楽並こしのMIX
形成:タタラ
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

飛びカンナ

飛びカンナの技法の説明については、陶芸関係の本やインターネットでいろいろ開設してありますが、文章で読んでもイマイチよく分からない・・・・。
実際に作っている様子を見たことなかったので、陶芸の先生に頼んでやって見せてもらいました。
ほほう。面白い!やってみたーい!
ということで飛びカンナの練習しました。
そして出来上がった皿です。


ベースとなる皿が微妙にゆがんでるせいで、カンナ跡が均等になってないの・・・(^_^;)
腕の未熟さを色でごまかしてます。
面白い技法なので、続けて作ってみよう~。
works-n4350.jpg

works-n4353.jpg

works-n4357.jpg


土:MIX
形成:電動轆轤
釉薬:透明、織部、飴、瑠璃
焼成:酸化焼成

季節外れの梅

梅の季節の前に作り始めたのですが、なんだかんだと手間取ってるうちに、完成した頃には、すっかり梅は散ってしまってました。ガックリ。

works-n4344.jpg


うさぎさんは高台のウラに。
works-n4346.jpg



バージョン違いも作りました。こっちにはうさぎさんはナシ。
works-n4348.jpg


このカップたちは、東日本大震災の被災地へ支援物資として送りました。



土:MIX、白化粧土
形成:電動轆轤
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

着色が難しいー

うさぎさんがはりついた小鉢。飯碗としても使えそう。
works-n4326.jpg



うさぎさんの雰囲気とカラーが合ってない?
なーんとなく違和感が。
色が薄すぎてぼんやりした印象になっちゃった。
works-n4329.jpg



土:信楽並こし
形成:電動轆轤
釉薬:透明、コンセプト
焼成:酸化焼成

デンロク自習

ココット型の小鉢です。
耐熱用の土は使っていないので、残念ながらココットとしては使えないのですが(^_^;)

自己流でちょこっとだけいいかげんにやってた電動轆轤を、基本からちゃんとやりなおそうと思って、目下練習中です。
思った通りの形にシュルシュルッと作れるようになりたいわー。

works-n4314.jpg


works-n4324.jpg


土:信楽並こし
形成:電動轆轤
釉薬:織部(左)、青萩(右)
焼成:酸化焼成

短い前足

真っ白な土を使ったので、色がクッキリ。
もうちょっと淡い感じにした方がお皿としては使いやすかったかもなー(^_^;)
それにしても前足みじかっ!
works-n4304.jpg


works-n4305.jpg


土:上白
形成:タタラ
釉薬:艶消し透明、コンセプト
焼成:酸化焼成

艶消し

「透明」という釉薬は、ベースとなる原料が違ってても、みんなツヤがあるのかと思ってました。
「艶消し透明釉」というものがあるんですね。知らなかったー。

どんなもんかと興味があったので、使ってみることに。
全くのマットという感じでもないけど、普通の透明釉と比べると明らかにツヤが違います。控えめな感じ。
この釉薬、結構好きかも!
works-n4296.jpg



ニンジンを抱えたうさぎさんを線象嵌しました。
works-n4294.jpg



土:上白
形成:タタラ
釉薬:艶消し透明、ペルシャ青、紫釉
焼成:酸化焼成

パスタ皿

うさぎさんを貼り付けた大きめの丸皿。
以前作った大きめの皿を薄くしすぎてなんだか頼りなかったので、今回はちょっぴり厚めにしました。
厚みがあるのでフチ周りの凹凸の装飾が印象的な仕上がりになりました。
works-n4288.jpg


works-n4292.jpg



土:テラコッタ?
形成:タタラ
釉薬:白マット
焼成:酸化焼成

上絵具

弁柄で入れた絵柄が白い釉薬の下からやわらかく浮き上がるのを期待したのに、弁柄が薄すぎたのか、はたまた釉薬が濃かったのか、うまく浮かび上がってきませんでした。

普段上絵付けはしてないんだけど、一度やってみようとずいぶん前に購入して使ってなかった上絵の具をひっぱり出してきて使ってみました。
works-n4283.jpg


失敗かと思ったけど、これでなんとか復活したかな。
works-n4284.jpg



土:MIX
形成:タタラ
釉薬:白マット
焼成:酸化焼成

改良バージョン

以前作った「雨降りカップ」を改良しました。
雨に見立ててしずくのように釉薬を垂らしたのに、イベント販売した時にお客さんにその意図が全然伝わってなかったことが改良のきっかけです・・・(^_^;)


works-n4276.jpg



改良ポイントは「てるてるウサ坊主」をぶら下げたところ。
これで絶対雨降りだって分かるよね?
works-n4279.jpg



土:並こし
形成:手びねり
釉薬:透明、黒マット、浅水青磁
焼成:酸化焼成

着せ替え花器

おでこに穴のあるうさぎさん。
実は花器になってます。
お花は短めにおでこの穴からちょこんと出るぐらいの長さで生けると、うさぎさんがおでこにお花飾りをしてるみたいに見えてかわいいのです♪

しかし、お花がないと、おでこにケガしてるみたいで、なんとも痛々しい・・・。
そこで、穴をふさぐためのパーツを3つセットにしました。
パーツは切り株の専用スタンドに挿してスタンバイ。
とっかえひっかえ、その日の気分でおでこに飾るパーツを変えて、置物として楽しむのもありですよ。

works-n4245.jpg


生花がなくても、陶のお花を挿してみたり。
works-n4246.jpg


帽子かぶせてみたり。
works-n4247.jpg


リボンもいいね。
works-n4248.jpg



土:上白
形成:手びねり
釉薬:透明、コンセプト
焼成:酸化焼成

キッズランチプレート

works-n4274.jpg

お子様向けのランチプレートを・・・とのリクエストを頂いて作ったお皿です。
前出の角プレートに仕切りつけて、うさぎんを貼り付けました。
ちびっこたちが、楽しいお皿で好き嫌いなく食べてくれるといいなー。



土:信楽並こし
形成:タタラ
釉薬:透明
焼成:酸化焼成


角プレート

works-n4266.jpg

食品トレイを元に石膏型を作りました。
それを利用して作った角プレートです。
絵柄は以前作った銘々皿とおそろいにしてみました。



土:信楽並こし
形成:タタラ
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

幸せの四葉の箸置

works-n4230.jpg

この箸置は、東日本大震災の後、チャリティー品として作りました。
つらい出来事の先にも幸せが訪れるように・・・と願いを込めて作りました。

うさぎイベントでこの箸置を販売し、その売り上げを日本赤十字社に寄付しました。
全部で30~40個ぐらい売れたかな。
ほんのちょっぴりですが、復興の力になれたらいいなーと思います。



土:信楽並こし
形成:タタラ
釉薬:透明、コンセプト
焼成:酸化焼成

うさじ

「うさじ」
うさぎの匙。「卯匙」。
うさぎのじーさんじゃないよ。


茶さじとして使うのもいいし、うさぎさんのペレットやドライフルーツなんかをすくうのにも活躍しそうです。


お洋服いろいろ。表情もいろいろ。
works-n4220.jpg

works-n4221.jpg



土:信楽並こし
形成:手びねり
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。