陶芸作品ギャラリー

うさぎをモチーフに作った人形やら器やら小物やらの作品集です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カラフルな一輪挿し

works-n3722.jpg

白い土とカラフルな釉薬を使った一輪挿しです。
うさぎさんが張り付いて、中を覗き込んでます。

このカラフル釉薬、某ショップのセールで格安で購入したのですが、これがマズかった。
ガチガチに沈殿してて、ほぐすのに一苦労したのです。
安いわけだ・・・。


土:上白
形成:手びねり
釉薬:透明、黄、橙、紫、浅水青磁
焼成:酸化焼成


スポンサーサイト

黒うさちゃん5

黒うさぎさんシリーズ第五弾
「お食事」

テーマが「ゴハン食べてるところ」ということだったのですが、エサ入れに顔つっこんでしまったら、せっかくのうさぎさんの顔が隠れてしまうし、どうしよう・・・と悩んでできたのがこのコ。

エサ入れに片足かけて、牧草をモグモグ。
お口に穴あけて、はっぱを挿し込めるようにしました。
これで食べてるってのが分かるよね。
works-n3721.jpg


口元はこんなふうになってます。
works-n3720.jpg


土:黒御影
形成:手びねり
釉薬:透明、黄色釉(エサ入れ)
焼成:酸化焼成

黒うさちゃん4

黒うさぎさんシリーズ第四弾
「お座り」

行儀良くお座りしてる黒うさちゃん。

works-n3702.jpg

works-n3706.jpg



土:黒御影
形成:手びねり
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

黒うさちゃん3

黒うさぎさんシリーズ第三弾
「のびのびリラックスポーズ」


ホントは、もっとのびのびと両手両足を伸ばしてあげたかったのですが、窯のサイズの関係上、こんな感じになりました。

works-n3698.jpg


works-n3692.jpg



土:黒御影
形成:手びねり
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

黒うさちゃん2

黒うさぎさんシリーズ第二弾
「お顔グルーミング」


works-n3686.jpg



土:黒御影
形成:手びねり
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

黒うさちゃん1

黒うさぎさんシリーズ第一弾
「たっち姿」

粗めの土の風合いを生かす仕上がりにしました。
おちり大き目安産型(笑)

works-n3675.jpg


works-n3677.jpg


土:黒御影
形成:手びねり
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

色黒?

works-n3664.jpg
ちょいと黒っぽい立ち耳ちゃん。
スリム体型。
もうちょいむっちりしたオチリの方が私は好きですが。

素焼きの段階では、本体がこんな濃い色になると予測できなくて、花柄に着色したけど、完成してみたら白の部分がコントラスト強すぎてヘンに目立っちゃいましたね。
クッキリハッキリ系がお好きな方にオススメ。

works-n3660.jpg



土:備前、テラコッタ、信楽並こし等MIX
形成:手びねり
釉薬:透明、灰釉、コンセプト
焼成:酸化焼成

黄色いタンポポ

works-n3650.jpg

この垂れ耳ちゃんは、タンポポの模様です。
クローバーもタンポポも、うさぎさんが大好きな野草です。

公園にうさんぽに行ったのに、散歩せずに食べてばっかり・・・ってコもいるに違いない(笑)


works-n3651.jpg



土:信楽並こし
形成:手びねり
釉薬:透明、灰釉、コンセプト
焼成:酸化焼成

幸せの四葉のクローバー探そう

works-n3640.jpg

背中にお花模様の陶うさシリーズです。
このコはクローバーちゃん。
こっそり、いくつか四つ葉が隠れてます。何個見つけられるかな。



works-n3643.jpg
こんな顔して見上げられると、ついおやつあげちゃいます。


土:信楽並こし
形成:手びねり
釉薬:透明、灰釉、コンセプト
焼成:酸化焼成

縞のカップ

works-n3634.jpg

こちらのカップには、うさぎさんついてません。
写真の二つのカップは、全く同じ土、同じ釉薬を使いましたが、焼成方法の違いで、こんなにも印象の違った仕上がりになります。
還元焼成って好きだけど、自分ちの窯では焼けないんだよね・・・。
外部に焼成をお願いして、大きな窯で焼いてもらってます。
焼成代、高いんだよ~(涙)


土:テラコッタ
形成:手びねり
釉薬:白マット、透明
焼成:酸化焼成(左)、還元焼成(右)

花瓶

works-n3632.jpg

久しぶりにうさぎさんモチーフではない作品です。
白化粧に掻き落としで模様を入れ、鉄を薄く塗りました。
薄すぎた・・・・。
もうちょっと錆感を出したかったんだけどなぁ。

しっかり削ったつもりが、けっこう重い花瓶になりました。
「安定感があって良し」ということにしておこう(^_^;)


土:テラコッタ
形成:手びねり
釉薬:透明
焼成:還元焼成

うさぎさんを捕まえて!

渋い色のマグカップ3種。
ハンドル部分はうさぎさんの形をしています。
works-n3625.jpg



works-n3626.jpg


プレート状のハンドルは、ちょっぴり不安定のように思われますが、無釉でザラリとして滑りにくく、ナナメにとりつけてあるので、結構しっかりとホールドすることができます。
works-n3627.jpg



土:テラコッタ
形成:手びねり、タタラ
釉薬:飴(上)、白マット(左)、土灰(右)
焼成:還元焼成

ハートのブローチ

真っ白に焼きあがる土をベースに、カラフルな釉薬を使ってブローチを作りました。

呉須の濃淡をつけるのに、材料や道具をいくつか試したんですが、自分の指先を使ってぼかすのが一番キレイに仕上がることが分かりました。
やりすぎて指紋なくなるかと思った~。
works-n3619.jpg


土:上白
形成:タタラ
釉薬:透明、コンセプト
焼成:酸化焼成

背中に背負う花吹雪?

白土のうさぎさんの背中がちょっとさびしそうだったので、お花を象嵌しました。

出来上がった後で見るとカラフルでいいのですが、作ってる最中は、なんだか刺青してる人みたいで、なんだかヘンな感じでしたのよ。
立ち上がってるロップちゃん。
works-n3607.jpg

works-n3609.jpg



立耳さんも作りました。
このコは青バラ。ちょっぴりゴージャスな雰囲気。
works-n3611.jpg


works-n3614.jpg

二匹並べると華やかですよ。



土:並こし
形成:手びねり
釉薬:透明、灰釉、コンセプト
焼成:酸化焼成

たっちする黒ウサ

黒系の土で作った陶うさぎ人形です。
この土、石やら鉱物やらの粒が混じった土で、焼き上がりにはザラリとした質感になって好きなんですが、作る最中に指先がイタイのです(^_^;)

せっかくのザラリとした質感を残したかったので、釉薬は、シャバシャバに薄めた透明釉をスポンジでたたいてつけました。
works-n3590.jpg


新しいおうちが決まりました♪
かわいがってやって下さいませー。
works-n3593.jpg


土:黒御影
形成:手びねり
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

森のうさぎのカードスタンド

仲良しうさ飼いさんから、うさぎのクッキー型を頂いたので、使いたくて、使いたくて(笑)
その結果、このカードスタンドが出来上がりました。
単純~。

ポストカードを立てることを想定して作ったのですが、
縦向きにも横向きにもバランスよく立てることのできるスタンドになりました。
下の画像は名刺サイズのカードを立てた様子です。
works-n3574.jpg


カードを立ててないとき、そのままでもかわいいオブジェとして飾れるすぐれものですよ!
works-n3572.jpg

タタラをしっかり締めたはずが、焼いてみると反っちゃうのよね・・・。
成功率50%。低すぎる。


土:並こし
形成:タタラ
釉薬:織部、茶色釉
焼成:酸化焼成

野原でぴょんぴょん

works-n3562.jpg

スープカップ程度の大きさの器です。
中にはお花咲き乱れる草原で元気よく跳ねるうさぎさん。
写真がありませんが、外側はオレンジ色の鮮やかな釉薬を使って華やかな春の日のイメージで作りました。
カラフルすぎて、料理が映えないかも・・・(^_^;)


土:並こし
形成:電動轆轤
釉薬:透明、織部、橙釉、コンセプト
焼成:酸化焼成

お花のティーカップ

こちらもテーマ作品の一つ。
テーマは「ティータイム」。

ティーカップを作りました。
お花のかげから、ちっこいうさぎさんがちょこんと覗いてます。
立耳ちゃん、垂耳ちゃん1個ずつ。
works-n3553.jpg


飲み干すと、カップの中にも大きなお花が咲きますよ。
works-n3560.jpg


土:並こし
形成:電動轆轤
釉薬:透明、コンセプト
焼成:酸化焼成

春のピクニック

うさぎ'N本舗」では、月に一回程度の頻度で、テーマを一つ決めて、そのテーマに合う新作を製作することにしています。
お互いの切磋琢磨と技術向上のために・・・と言えば聞こえはいいのですが、強制力がないと、なかなか新作を作るモチベーションが上がらないので。えへへ。

そんなテーマ作品の中から。
テーマは「ピクニック」
そのものズバリなミニジオラマを二点作りました。


目的地まで、おしゃべりしながら歩くお二人さん。
色違いのリュックには、お弁当やおやつがいっぱい入ってます。
works-n3545.jpg



そして、青空の下で、お楽しみのランチタイム。
外で食べるとおにぎりもサンドイッチもおいしいねぇ。
works-n3537.jpg


土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。