FC2ブログ

陶芸作品ギャラリー

うさぎをモチーフに作った人形やら器やら小物やらの作品集です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

仲良し3匹ペンダント

以前、雑貨屋さんで、陶器の鳥パーツを使ったアクセサリーが売られてて、とってもかわいかったんです。
今まで、なんとなく陶器ペンダントって民芸調になりがちなイメージがあって敬遠してたんですが、陶器でもこんなかわいいのもできるんだー・・・と、うさぎさんでトライしてみました。

そして出来上がったのがコレ。なかなかかわいいじゃない~♪
自画自賛は得意なのです。
works-n3401.jpg


一匹もかわいいけど、ぶらぶらたくさんつなげてもラブリーですよ。
ちょっぴり重いけどね。
works-n3404.jpg



土:並こし
形成:手びねり
釉薬:コンセプト
焼成:酸化焼成
スポンサーサイト

ブローチ

works-n3434.jpg

works-n3435.jpg


陶器のプレートに、レースやらビーズやらを貼り付けて、ブローチを作りました。
陶器と布地をしっかり接着しようとし使った接着剤がレース部分に染みて、部分的にレースが硬くなっちゃったよ(涙)



土:並こし
形成:タタラ
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

まんまる三つ足碗

works-n3405.jpg

works-n3406.jpg


かわいい絵柄でかわいい色に仕上げてみました♪
ホントはピンクと水色になる予定だったのに、水色の方の釉薬がちょっと薄かったようで、水色というよりグレーに近くなっちゃった(-_-;)



土:並こし
形成:タタラ
釉薬:透明、ピンク釉、青萩
焼成:酸化焼成

ビタミンカラーの陶箱

works-n3385.jpg

手の中にすっぽり納まりそうな、かわいいサイズの陶箱を作りました。
もともとは、自作の石膏型を使いたくて作った作品(^_^;)


フタをあけると、元気になりそうな色が目に飛び込んできます。
大切な思い出の小物なんかがちょこんと入ってたら笑顔になれそうですね。
works-n3384.jpg

works-n3372.jpg




土:並こし
形成:タタラ
釉薬:透明、卯の斑、コンセプト
焼成:酸化焼成

雪山スキー

works-n3408.jpg


works-n3413.jpg


私にとっては、細工の仕方がいつもの陶土とかなり違うので、ちょっと手ごわい樹脂粘土ですが、利点もいっぱいあります。
まず、粘土に絵の具を練りこんで、手軽にいろんなカラーが作れること。
そして、自然乾燥でOKなので、形が出来上がった時点で、ほぼ完成!あとは放置するだけ。
オーブン陶土だと、形成後も乾燥具合チェックして、焼いて、着色して、コーティングして・・・とまだまだ作業が続くのです。


雪山でスキーを楽しむうさぎさん。
ベースの部分、雪の部分、うさぎさん本体・・・それぞれの質感や強度を調整するため、数種の粘土を使い分けています。


土:オーブン陶土、ハーティクレイ、コスモス、モデナ
仕上げ:アクリル絵の具

クリスマスツリー2009

works-n3424.jpg

こちらもお初粘土で頑張った作品。
造花やらプレートやらラインストーンやらのきらびやかなパーツを貼り込むのが楽しかった♪
うさフェスタ2009で展示販売しました。
ツリーのベースは、あるグッズのリサイクル(リメイク?)なんですが、一から作るほうがはるかに簡単だったと思うのよー(涙)




土:モデナ

ウサンタさんと星のリース

毎年、クリスマス前に作ってるウサンタシリーズの2009年バージョン。

去年まではFIMOという焼いて硬化させるタイプの樹脂粘土を使用してたのですが、この粘土、とても硬くて練るのに力がいるのです。
今年はちょっとしたトラブルで指先にケガして力が入らなかったので、FIMOをあきらめて、別の自然乾燥できるやわらかい樹脂粘土を使うことにしました。

初めて使う粘土は、さわり心地から伸び、粘り具合、発色、などなど慣れないことだらけでなかなかうまく使いこなせず、四苦八苦しました(-_-;)
なんとかコツを少しつかめたような気がするので、来年もまたこの粘土でいってみよっかなー。

works-n3399.jpg

works-n3395.jpg



土:コスモス、モデナ

ハッピーハロウィン!

works-n3299.jpg

ハロウィンの習慣のない日本でも、最近は、かわいいハロウィングッズをみかけるようになってきましたね。
死者の霊がこの世に戻ってきて悪さをするのを、かぼちゃのランタンで防御するらしいのですが、とぼけた表情のかわいいかぼちゃじゃ、効果あるのかな(笑)
ちょっと日本のお盆っぽい感じの行事なんでしょうか。



土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

満月のお皿

works-n3333.jpg

ギャラリーの企画展示に出品するのを前提に作ったお皿です。
テーマがお月様だったので、満月に見立てて作りました。
色違いの大きいお皿と小皿のペアです。

1mmの厚みのうさぎを、顔料を練りこんで黄色に発色させた土に貼り付け、石膏板に押し付けることで、うさぎ部分を皿ベースにベタッと埋め込まずにうっすら浮いているような仕上かりを狙ってたんですが、なかなかうまくいかずにボツ作品続出の成功率のとても低い作品になっちゃいました(涙)
ヒビ入ったり、反っちゃったり、波打ったり・・・。
種類の違う土を組み合わせたから、収縮率が違いすぎてたのかなぁ?
機会があったらリベンジしてみようと思います。


土:黒泥、並こし(黄色顔料練りこみ)
形成:タタラ
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

楕円のマグネット

works-n3348.jpg

works-n3349.jpg


楕円形の粘土プレートに線象嵌で絵柄を入れて、マグネットにしました。
マグネットって、どこにくっつけて使うことが多いですか?
主婦が家の中で使う場合、冷蔵庫に・・・ってのが一番多いのかなぁ?
重いマグネットは、冷蔵庫の扉にくっつけると、開け閉めの振動で少しずつズレ落ちてくることがあるんですよね・・・(^_^;)
なので、これはかなりしっかりした磁力の磁石を使いました。
磁力の強弱は結構重要!



土:並こし
形成:タタラ
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

やさしい音色

works-n3360.jpg

works-n3358.jpg

このコたち、陶器のうさぎ人形として飾ってもOKですが、実は土鈴になってます。
大きさや形状もいろいろ。中に入ってる土玉の大きさもさまざまなので、一つ一つ、すこしずつ音が違います。
低い音でコロコロ・・金属にも似た音でカラカラ・・・。
好みの音を見つけるのも楽しいですよ。


底はこんなふうになってます。
works-n3357.jpg


土:並こし
形成:手びねり
釉薬:コンセプト
焼成:酸化焼成

食べて、遊んで、買って

お祭りには、楽しい屋台もいっぱい!
お小遣いもって繰り出しましょう。


まずは、腹ごしらえ。
ふわふわの綿菓子、美味しそう~。
ザラメを入れたら綿菓子が出てきた!綿菓子製造機も気になります。
works-n3216.jpg


お祭りで食べるタコ焼きって、格別美味しいよね!
「おっちゃん、一舟ちょうだい。」
「はいよっ、さんびゃんまんえん~♪」
「あつあつ、はふはふ。うんまーい!」
works-n3193.jpg


大人たちはイカ焼き、焼きとうもろこし、そしてビールをグビグビ。
works-n3207.jpg



お腹がいっぱいになったら、何して遊ぶ?
5発100円の射的で景品を狙おうか?
works-n3201.jpg


輪投げも楽しいねぇ。
手元狂ってヘビさんに大当たり。
works-n3227.jpg


定番のヨーヨー釣りは外せない。
好きな色のヨーヨーをうまく釣れるといいなー。
works-n3232.jpg


金魚すくいは慎重に・・・。
「やった!二匹目ゲット!!」
「あぁ~~、破れちゃったよー」
works-n3239.jpg


カラフルな風車がいっぱい並んでます。
風がない時は、フーフー吹いたり、手に持って走ったり。
works-n3187.jpg




土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

夏祭りだー!

夏休みの夕涼み、お祭りを楽しむうさぎさんたちを、コルクコースターに収まるサイズのミニジオラマにしました。


夏祭りのメインは、やっぱり盆踊り。
力強く祭り太鼓をたたく、勇ましいうさぎさんたち。
works-n3245.jpg


太鼓に合わせて、大人も子供もお気に入りの浴衣を着て踊ります。
works-n3251.jpg


土:オーブン陶土 、ハーティクレイ
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

ダブルなカードスタンド

works-n3168.jpg

両手にカードクリップを付けて、カードスタンドになりました。
両手でしっかり掲げるもよし、片手ずつ別のものを持たせるもよし。
土台にしっかりした重量があるので、大きめのカードなども安心して持たせることができますよ。



土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

切り株ハウスのキャンドルホルダー

こちらも下のキャンドルホルダーと同じく、うさぎさんのおうち。
こちらは切り株の中に住んでます。
works-n3151.jpg



屋上では、身振り手振りおしゃべりに夢中になってる仲良し2匹。
works-n3157.jpg


こちらでは、隣の部屋のコと窓越しにおしゃべり。
works-n3159.jpg


テラスから階段を駆け上がって屋上へ。
works-n3161.jpg


7色に光の色が変化するライトを入れてみました。
works-n3163.jpg



土:テラコッタ
形成:手びねり
釉薬:透明、織部、卯の斑
焼成:酸化焼成

お昼寝キャンドルホルダー

おうち型のキャンドルホルダーです。
耐熱土を使ってるわけではないので、本物のキャンドルを利用するのがちょっと不安・・・。
なので、中には電池式の小さなライトを入れて使うようにしました。


玄関では、お客さんをお迎えするうさぎさんが。
works-n3140.jpg

おうちの中からも「いらっしゃーい!こんにちはー!」
works-n3145.jpg

気持ちよさそうに屋根の上でお昼寝してるコもいます。
works-n3146.jpg


ライトをともすと、オレンジ色の暖かい光があふれます。
もう一人、読書中のコが。
works-n3150.jpg


土:並こし
形成:手びねり
釉薬:透明、織部
焼成:酸化焼成

角皿

コレとかコレなどと同じ手法で作ったお皿です。

12cm角ぐらいの大きさで、銘々皿としても使いやすいかと。
若干、フチの立ち上がりがあるので、水分のあるお料理にも対応できます。
美味しい食事を味わった後には、絵柄も楽しんでね~。
works-n3131.jpg


絵柄もいろいろたくさん作りました。
works-n3133.jpg



土:並こし
形成:タタラ
釉薬:透明、茶色釉
焼成:酸化焼成

ちびうさカフェ

works-n3139.jpg

小さなうさぎさんたちが、手に手にティーカップを持って、お客様をもてなします♪
中身は、紅茶やら緑茶やらフルーツティーやらに見立てたキャンドルです。
キャンドルを使い終わっても小物入れとして使えるね。


土:並こし
形成:手びねり
釉薬:いろいろ
焼成:酸化焼成


ブロークンのたれ耳さん

「ブロークン」というのは、うさぎさんのブチ模様の毛のこと。
茶色だったり、オレンジだったり、グレーだったり、黒かったり。
そして、ブチ模様の出方も、そのコ、そのコでそれぞれなので、個性的でかわいいと思います。


このは、おやつをねだってるのか、興味のあるものを見つけたのか、はたまた遊ぼうよ~と誘ってるのか・・・。
ついつい興奮して片耳にピーンと力が入って立っちゃってるたれ耳ちゃん。
works-n3094.jpg


後姿もかわいいでしょ。
works-n3097.jpg


土:並こし
形成:手びねり
釉薬:黒マット、白マット
焼成:酸化焼成

ガラス瓶がかわいい一輪挿し

大きな花瓶にボリュームあるお花も素敵だけど、テーブルの片隅とか、パソコン前とか、窓枠だったり、洗面台の上などなど・・・ほんのちょっとしたスペースにでもお花があると、心がなごみませんか?
そんなあなたにピッタリの(笑)プチ一輪挿しでございます。

ホントは狭くて装飾品を置くスペースの少ない我が家にピッタリ・・・(^_^;)


カラフルなフラスコ型の瓶がかわいくて、こんなふうに作りました。
瓶は爪楊枝入れぐらいのサイズです。
野の花一輪をさりげなく飾るとかわいいと思います。
works-n3106.jpg

works-n3104.jpg


色のついていない、まん丸ガラス瓶タイプもあります。
works-n3171.jpg


土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

キーホルダー

works-n3108.jpg

お花のクッキー型で抜いた土に象嵌を施したキーホルダです。
絵柄は、うさぎさんが何かを手に持つシリーズ。
初の全面施釉にチャレンジしました。

通常、焼き物は、窯との接地部分には釉薬がかけられません。
なぜかって・・・釉薬が溶けて窯と一体化してしまうからです(泣)
窯や棚板、もちろん作品も破損することになるので、接する部分の釉薬は取り除いて焼くのですが、このキーホルダーは、裏にも絵柄が彫りこんであって、釉薬も全面かけました。
そして、カンタル線(高温で融けない金属線)で吊り下げて焼成。

第一回目の焼成では、予想をはるかに超えてカンタル線が熱でたわみ、吊り下げたパーツがことごとく棚板に接着・・・念のためにアルミナシート敷いてて助かった~。
テストを何度か繰り返し、カンタル線の長さに対する耐荷重がわかってきました。

やっぱり全面に釉薬かかってるキーホルダーって汚れもつきにくくていいわぁ。


土:並こし
形成:タタラ
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

しましま楕円皿

使いやすい大きさの楕円皿です。
焼き魚乗せたり、炒め物入れたり、我が家では毎日のように食卓で大活躍!

皿周囲の釉薬は、一色筆で塗っては、撥水剤塗って、釉薬塗っては撥水剤・・・と、ちょっと手間かかっちゃうんだけど、手をかけた分、カラフルで楽しいお皿になりました。

ここには二種類しか載せてないけど、2009年7月の阪神百貨店での販売では、7種類ぐらいのカラーパターンで作りました。
購入して下さった方のおうちで、しっかり活躍してくれてるといいなぁ。


works-n3119.jpg

works-n3127.jpg



土:並こし
形成:タタラ
釉薬:透明、織部、卯の斑
焼成:酸化焼成


土:並こし
形成:タタラ
釉薬:透明、織部、茶釉
焼成:酸化焼成

持ち手がポイント!ティーカップ

works-n3065.jpg

ちょっと渋めのデザインのティーカップ。
穴のないプレート状ハンドルがポイントです。


以前これとちょっと違うプレートハンドルのカップを作ったのですが、飲み物を入れると微妙に持ち重りがするので、改良してみました。
横から見るとこんなふうにカーブしてます。
このカーブが手にしっかりフィットして、穴がなくてもしっかりホールドすることができるようになりました。
works-n3068.jpg



土:テラコッタ
形成:手びねり
釉薬:黒マット、白マット
焼成:酸化焼成

青いうさぎ

某事件のせいで、なつかしい曲がよく流れてましたねぇ・・・(^_^;)

青いうさぎと言うか、ホントは薄紫なんですがねー。
ちょっと冒険かと思いましたが、意外とこんな色のうさぎさんも置物としてはアリかも。
和室に置いても、洋室に置いても違和感なさそうです。

works-n3069.jpg


よーく見ると、鼻面にちっこいブクが一つ・・・(-_-;)
works-n3070.jpg


土:いろいろMIX
形成:手びねり
釉薬:紫釉
焼成:酸化焼成

ヒマカラー

陶うさぎさんのちょっと大きめのコ。
リアルバージョンのうさぎさんは、生き生きとした動きを感じられるように心がけて作ってます。
ふとした時に見せる、ちょっとした表情や仕草、勢いよく走り出す直前の一瞬の「ため」の瞬間とかが好き♪


黒い釉薬を生土に筆やスポンジで塗り、素焼き後に白い色の釉薬をかけることで、好みに合うグレーの色を出すことに成功しました(^_^)v
しかし、足元にくっきりムラが・・・。
works-n3079.jpg

実物を見ずに作ったので、なんちゃってヒマカラー?
ヒマカラーというよりは、セーブルポイントっぽいかも。
純血ヒマラヤンはしっぽ裏も黒いんだってさ。
works-n3083.jpg


土:並こし
形成:手びねり
釉薬:黒マット、白マット
焼成:酸化焼成

おちびってかわいい♪

高さ5cmほどのちびちびな壷。
テーブルの隅にちょこ置きするとかわいい感じの一輪挿しにでも。
works-n3060.jpg



子供の頃、小児科でもらう甘いシロップ薬ありましたよね?
これは、その薬を飲むのにちょうどいいぐらいのちーさなカップ。
小さすぎて何に使おうか悩むわ~(^_^;)
works-n3062.jpg



こちらもミニミニ。
小さいくせに、足つけたり、耳つけたり、絵描いたりと遊んでみました。
エッグスタンドにも小さすぎるかもね。
works-n3064.jpg



土:テラコッタ
形成:手びねり
釉薬:織部、卯の斑
焼成:酸化焼成


土:テラコッタ
形成:手びねり
釉薬:織部、卯の斑
焼成:酸化焼成


土:並こし
形成:手びねり
釉薬:織部、卯の斑
焼成:酸化焼成

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。