FC2ブログ

陶芸作品ギャラリー

うさぎをモチーフに作った人形やら器やら小物やらの作品集です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

花柄うさぎ

花が咲き誇る草原の中からぴょこんと飛び出したうさぎさん・・・というイメージで、うさぎさんの背中にお花の絵を象嵌で入れました。
色は下絵の具で着色。

works-n2991.jpg
works-n2989.jpg


works-n2995.jpg
works-n2997.jpg



土:並こし
形成:手びねり
釉薬:透明、灰釉(鼻先、耳)
焼成:酸化焼成
スポンサーサイト

耳の間に

備前の土で作った陶うさぎさん。
本来、備前焼って「焼き締め」で仕上げるんですが、電気窯ではあの仕上がりにはなりません。
釉薬が乗りにくいと聞いてたので、ちょっと心配だったんですが、透明釉は問題なくうまく焼き上がりました(^_^)v

works-n2977.jpg


釉薬はうまくかかったのに、耳の間に細いヒビが・・・。
もっとゆっくり時間かけて乾燥させなきゃいけなかったようです。

works-n2983.jpg


土:備前
形成:手びねり
釉薬:透明、茶色釉(鼻先、耳)
焼成:酸化焼成

立耳たっちちゃん

works-n2968.jpg

何か興味を引くものを見つけたのでしょうか?

フワフワ感を出してみたくて、スポンジで部分的に釉薬をたたいてみたんですが、なんとなく汚れてるうさぎさんのような印象が(涙)


土:並こし+テラコッタMIX
形成:手びねり
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

初のダッチさん

我が家の窯に入るギリギリの大きさの大きめ陶うさぎです。
茶系の釉薬を入手したのですが、最初、かなりもったりもったりした濃さで使いにくくて水で薄めました。
すると、触った感触の濃さはちょうどよさそうだったのに、焼くと発色が薄い・・・。
濃度調節がなかなか決まりませんでした。
ちょいと濃い目をハケ塗りするのがいちばんキレイということを発見。

works-n2956.jpg

works-n2963.jpg



土:テラコッタ
形成:手びねり
釉薬:茶色釉 透明(目)
焼成:酸化焼成


ミニミニお花うさ

指先でつまめるぐらいの小さな小さなうさぎさんです。
両手にお花を持って、あなたを癒します♪
お花は取り外せるので、季節によっていろいろ入れ替えて楽しめますよ。

works-n2952.jpg


土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

甍の波

やねよーりーたーかーい♪
鯉に乗って、空を泳ごう~。
こいのぼりは柏餅でもっと高く昇ってくれるかな?

漆塗りの枡の中に入れました。

works-n2940.jpg


works-n2942.jpg


土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

かごの中のうさぎ

和風のかごの中に、桜を一房持ったうさぎさんを入れてみました。
小さな置物です。

works-n2937.jpg


土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

スプリングハズカム!

春が来た!

日本人はみんな桜が好きですよね。
うさぎさんも桜が咲くとウキウキするのかな?

花見と言えば、花見団子に花見酒♪

works-n2921.jpg


works-n2927.jpg


土:オーブン陶土 、FIMO
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

ココット型のお椀

直火にかけたり、オーブンに入れて使える耐熱皿は、熱での収縮の関係上、鍋土を使って作ります。
しかし、我が家ではフツーの器用の土で作った器も、けっこう乱暴にオーブンに入れちゃったりしてます。今んとこ破損したことありません。さすがに直火利用はしませんが。

でも、もちろんオススメはいたしませんよ。
これはココット型してますが、耐熱用の土を使っているわけではないので、ココットやらグラタンには不向きですー。
購入して下さった皆様、ご注意を。

サラダボウル



土:並こし
形成:手びねり
釉薬:織部
焼成:酸化焼成

何か発見?

おやつなのか、おもちゃなのか、なでなでの要求なのか・・・。
何か興味のあることを見つけて注目してる様子のうさぎさん。

たぶんこの直後、「うは~♪わーいわーい!」とはしゃぐだろう姿が目に浮かびます(笑)

陶うさたれ


陶うさたち


垂耳
土:並こし+テラコッタMIX
形成:手びねり
釉薬:茶色釉(耳) 透明(目)
焼成:酸化焼成

立耳
土:テラコッタ
形成:手びねり
釉薬:茶色釉(耳) 透明(目)
焼成:酸化焼成

楕円皿

下の楕円深皿と同じタタラを使って、フチの立ち上がりのない平皿も作りました。
同じく線象嵌の絵皿です。
こちらもいろんな絵柄で作ったんですが、絵柄に凝れば凝るほど料理が映えなくなるんですよね・・・(-_-;)

気球に乗ってどこまでも~♪
楕円皿1


公園のベンチで、鳥さんといっしょにおやつ。
分けっこして食べると、さらに美味しいね♪

以前作った立体「ベンチでドーナツ」の平面バージョンです。
楕円皿3


土:並こし
形成:タタラ
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

さわやかグリーン絵皿

鉢とか椀というほどは深くなく、皿より深い楕円の皿です。
炒め物や煮物、サラダなど、なんでもござれ。使いやすい大きさと形になりました。
最初に作った数枚が、我が家ではヘビーローテーションで大活躍してます。

楕円深皿1


楕円深皿2


楕円深皿3


絵柄はうさぎさんの日常風景いろいろ。
楕円深皿5
楕円深皿4


阪神百貨店の催事にて、たくさん旅立っていきました。
新しいおうちで活躍してて欲しいです。


土:並こし
形成:タタラ
釉薬:透明、ペルシャ青
焼成:酸化焼成

しましま色分けカップ

二色の釉薬のしましま模様のフリーカップです。
線象嵌したうさぎさんに、下絵の具で着色。
両脇にお花も咲いてます♪

立耳バージョン
フリーカップ2


垂耳バージョン
フリーカップ1


カップ背面には、うさぎさんはいませんが、お花の模様が入ってます。
上の写真と色違い&花違いでたくさん作りましたよ。
お茶を飲むのに利用してますが、夏は氷入れて焼酎ロックなどいかがかな♪



土:並こし
形成:手びねり
釉薬:織部、茶色釉、透明
焼成:酸化焼成

お花と共に愛も届けます!

直径5cmほどの小さなかごに、ハートを持ったうさぎさんが入っています。
大切な人へ、お花も愛もプレゼントしちゃいます。

作った時期がバレンタインに近かったので、つい意識して作りましたが、チョコに添えてこのうさぎさんをもらった男性はちょっと困っちゃうかな(^_^;)


works-n2857.jpg



土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

うさ雛

毎年作ってる「うさ雛」ですが、毎年すこーしずつ変わってきてます。
今年のはベースと屏風が去年と違います。
works-n2852.jpg


手のひらサイズの小さいお雛様なので、豪華7段飾りを飾るスペースのないお宅でも余裕で置けますよ!!



土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

ミニミニ陶バケツ

ちっさいちっさいバケツを陶器で作りました。

白化粧の掻き落としタイプと、線象嵌タイプの2種類。
エアプランツなぞ入れてみました。
なかなかかわいいわ♪
works-n2850.jpg


どれぐらいミニかというと、こんな感じ。
works-n2851.jpg


取っ手部分を壁などにひっかけて、吊り下げ利用もできますね。
キャンディーやら、アクセサリーやら、かわいいものをちょこんと入れるのがお似合い?


土:並こし、備前土
形成:手びねり
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

ガラスのヘアゴム

works-n2798.jpg


3枚の板ガラスの間に、カットした陶芸用の上絵カラー転写紙をサンドして、フュージングしました。
奥行きのあるうさぎさんのパーツになりました。
そのガラスに金具&ゴム紐をとりつけて、ヘアゴムに。

窯の中に若干の温度差があるようで、置く位置によって、角の融け具合がちょっっぴり違います。
四角に近かったり、丸に近かったり。
出来上がりをそろえるのがとても難しいです・・・。

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。