陶芸作品ギャラリー

うさぎをモチーフに作った人形やら器やら小物やらの作品集です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夏の遊びミニジオラマ

《花火》
手持ち花火に打ち上げ花火。どっちも楽しいね♪
works-n2685.jpg


《花火2》
シュルシュル音をたてながらくるくるまわるネズミ花火。
うわっ!こっち来た~!!
works-n2692.jpg


《海水浴》
暑い夏にははずせない遊びですね。
浮き輪につかまって、深いところまで行ってみよう!
works-n2699.jpg



土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス
スポンサーサイト

夏の遊びミニジオラマ

《スイカ割り2》
わーい!うまく割れたー!
works-n2661.jpg


《ヨーヨーすくい》
黄色いヨーヨーがとれました♪次は青いのとってー!
works-n2670.jpg

《夏野菜》
つめたーく冷やした美味しい夏野菜。ガブッとかじりつくのが正しい食べ方!
works-n2677.jpg



土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

夏の遊びミニジオラマ

コルクコースターに収まるサイズの小さなジオラマです。
テーマは夏の遊びに興じるうさぎさんたち。

《天体観測》
望遠鏡や双眼鏡で夜空を眺めよう!
流れ星を見つけられたら何かいいことあるかも~。
works-n2638.jpg


《肝試し》
からかさオバケにろくろっくび。
ギャーーー!出たぁーーーー!!
works-n2645.jpg


《スイカ割り》
お耳で目隠し(笑)
うまく割れるかなー?
works-n2654.jpg



土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

カラフル釉の箸置

works-n2625.jpg

和陶芸のスタンダードな釉薬って、地味というか、落ち着いた色のものが多いのですが、最近カラフルな色釉を試してみようと購入しました。
色釉はちょっぴり高価(^_^;)
ですが、ちょっぴり低温で焼けるのです・・・と言っても1200度。
スタンダードな釉薬は1250~1280度ぐらいで焼いてます。
たった50~80度ほどの違いですが、その温度に到達するまでにかかる時間は雲泥の差!
色釉なら電気代節約になるかなぁ?


土:並こし
形成:タタラ、手びねり
釉薬:透明、ピンク釉、水色釉
焼成:酸化焼成

草スキー

works-n2624.jpg

子供の頃、ダンボールを敷いて土手をすべり降りる遊びをしませんでしたか?
急斜面に思いのほか出てしまうスピード。
そんなスリリングな遊びで高揚するウサギーズの箸置です。


土:並こし
形成:タタラ、手びねり
釉薬:透明、織部、萌黄ガラス
焼成:酸化焼成

壁掛けKeyBox(ミラー付き)

works-n2617.jpg

調子に乗って、山ほど作った豆うさぎ。
その豆うさぎさんを使って、BOXタイプのキーフックを作りました。
BOXの奥には、丸い鏡が貼り付けてあります。

玄関の壁にかけて、おうちのカギの定位置にいかがでしょう?
ミラーもついてるので、お出かけ前の最終チェックもできますよ。


豆うさぎ
土:半磁器
形成:手びねり
釉薬:いろいろ
焼成:酸化焼成

三つ足くん

works-n2597.jpg

あまった土でテキトーにくぼみを作って、足つけました。
ろくろも使わず、削りもナシ。ものすごくラフに作ったけど、完成するとなかなかいい感じ~♪

ハイドロカルチャー用の植木鉢として作りましたが、小物入れとしても使えそうです。
撥水剤ラインで釉薬の塗りわけをしました。
足は3つ。安定してます。


土:いろいろMIX
形成:手びねり
釉薬:織部、卯の斑
焼成:酸化焼成

一輪挿し

片手の手のひらにすっぽりのっかっちゃうサイズの一輪挿しです。

works-n2587.jpg
撥水剤でアウトラインをとり、4種類の釉薬を塗り分けて模様にしました。
うさぎさんがクッキリしてるところが気に入ってます。


works-n2599.jpg
こちらは、うさぎ型にカットした紙を貼り付け、霧吹きで釉薬を吹き付けて模様にしました。




土:いろいろMIX
形成:手びねり
釉薬:透明、織部、卯の斑、茶色釉
焼成:酸化焼成


土:並こし
形成:手びねり
釉薬:白マット、辰砂(酸化用)
焼成:酸化焼成

フルーツパフェ

works-n2568.jpg

以前にもちょこっと作ってましたが、巷で流行ってる(らしい?)ので、またまた作ってみました。
キウイにバナナにイチゴにパインにオレンジ・・・・
ちーっこいフルーツを作るのって楽しいかも♪
何から食べようかとワクワクしてるうさぎさんが覗き込んでます。

works-n2573.jpg



土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

ナンバーうさぎ

ずいぶん前に作ったはいいけれど、何に使っていいか悩んで放置していたナンバープレート。
オーブン陶土で作ったうさぎさんに持たせて、オブジェにしてみました(^_^)v
一つ一つ違うポーズを考えるのが楽しかったです♪

works-n2557.jpg

works-n2560.jpg

works-n2563.jpg

ナンバープレート
土:並こし
形成:タタラ
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

うさぎ
土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

カラフルバッグチャーム

works-n2554.jpg

丸いプレート状の飾りです。
バッグの飾りにしてもいいし、鍵をぶらさげてもかわいいですよ♪
側面に色化粧土を塗り、同色の皮ひもを結びました。
絵柄は、シャボン玉遊びしてるうさぎさんと、お花を持ってるうさぎさんの二種類。


土:並こし、色化粧土
形成:タタラ
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

煙突と青屋根のラビットハウス

works-n2542.jpg

小物入れです。屋根がフタになってます。
青い屋根と煙突が自慢のうさぎさんのかわいいおうち。
窓から顔出して、お友達がやってくるのを待ってます。

works-n2546.jpg



土:並こし、
形成:手びねり
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

コースターとのコラボカップ

works-n2556.jpg

うさぎ'N本舗の相棒、NAGIさんがデザインしたうさぎのコースター。
このコースターに合うカップを・・・とのことで、デザインを合わせてティーカップを作ってみました。
形はシンプルにして、ウサギ柄をコースターとお揃いで。
イベントでは、この二つをセットで展示販売したんですが、お揃いだということに気づいてもらえないことが多く、ちょっぴりガッカリ。
ティスプレイの新たな課題が見えました・・・。



土:並こし&テラコッタMIX、白化粧土
形成:手びねり
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

うさぎのハンドルのカップ

works-n2532.jpg

主婦としては、食器は使いやすくて洗いやすくて収納しやすいものを・・・ってのが大事なのは分かってはいるんですが、作り手としては、ついつい面白みやら装飾に力入っちゃって~(^_^;)

なんだかゴテゴテのハンドルですが、耳に親指がかかって、なかなか持ちやすい形になりました。
結果オーライ(^_^)v

works-n2533.jpg



土:並こし&テラコッタMIX
形成:手びねり
釉薬:白マット
焼成:酸化焼成

端午の節句

works-n2521.jpg

4月~5月のイベントに出品した作品のひとつ。
やっぱり季節ものって作るの楽しいです。
・・・が、売れ残ると一年持ち越しという危険も付きまとうのよね・・・。

大量に作りすぎて、やはりいくつか来年こっそり出没することになりました(泣)
来年どこかで見かけたら救いの手を差し伸べてやって下さい~。



土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

春らららびっとカードスタンド

works-n2526.jpg

某雑貨店のセールで、桜の木の枝をたくさん売ってました。
「こんな枝の切れっ端、何に使うんだろー?」と思いつつも、格安につられて購入する私・・・(^_^;)
2年ほど眠ってたんですが、このたび、カードスタンドとして生まれ変わることになりました!

錐やらドリルで穴開けて、クリップパーツを埋め込んで・・・大工仕事のようです(笑)
木片が小さくて、いまいちしっかり固定できず手が滑って指に穴あけるってな惨事に・・・(T_T)
桜の造花を添えて、ウキウキと花見するうさぎさんもくっつけました。



土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

ハートの小皿

works-n2509.jpg

あれこれ残ってる土をMIXした、正体不明の混合土で作ってます。
本体の仕上がりの色が自信なかったので、カラフルな化粧土を象嵌することに。

この写真ではちょっと分かりづらいですが、ハートの真ん中に象形文字(?!)のようなうさぎさんを描きました。
高台もコロンとしててかわいーでしょ?
出来上がりは、予想よりもかわいくできてて満足です♪

works-n2511.jpg

しかーし、某作家さんの作品で、似たようなハート飾りの皿があることが判明(涙)
もちろんあちらの作品の方がかっちょいいんですが(^_^;)
決して真似したわけでも真似されたわけでもないですよー。



土:いろいろMIX、色化粧土
形成:手びねり
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

箸置

works-n2502.jpg

シンプルな長方形にカットしたタタラに、リアルなうさぎさんを描きました。
某小動物雑誌の読者投稿写真なんかが大活躍です(^_^;)

アウトラインは針で撥水剤を彫って、その溝に下絵の具をしみこませてます。
そして、素焼きで撥水剤を焼き飛ばしてから、さらに下絵の具で着色して施釉、本焼き。

陶芸の絵の具って、水彩絵の具やアクリル絵の具なんかと違って、赤と青を混ぜたから紫になる・・・とは限らないのです。
混入してる金属が高温で焼かれることで発色するものが多く、予想外の色に焼きあがることもしばしば。
なかなか思ったとおりの仕上がりになりません(涙)


土:並こし
形成:タタラ
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

かくれんぼ小鉢

works-n2498.jpg

久しぶりにうさぎさんのついてない器です・・・というのは嘘。
裏返すとこっそりと高台内にうさぎさんが隠れてます♪

works-n2500.jpg


土:並こし
形成:手びねり
釉薬:透明、ペルシャ青
焼成:酸化焼成

カップとお揃い

works-n2487.jpg

下で紹介したマグカップと同じ模様でお皿も作りました。
お揃いのカップとお皿でおやつタイムが楽しくなりそうです♪


土:並こし&テラコッタMIX
形成:タタラ
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

マグカップ

works-n2476.jpg

飲み物がたっぷり入るサイズのマグカップです。
内側のみ白化粧。
本体の水分のバランスによっては、液体の白化粧土を流しかけると崩壊することが結構あるのです。
いつもは市販の白化粧土を利用してるのですが、これは陶芸の先生が絶妙な配合で調合した白化粧土で、崩壊の心配がほとんどありません♪
安心して使わせてもらいました(^^)v

カップの裏にも、正面と同じうさぎさんがこっそり(笑)
グイッと飲み干すと、対面の人にはうさぎさんが見える・・・ってなってるのです♪
works-n2479.jpg


土:並こし&テラコッタMIX 、白化粧土
形成:電動轆轤
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

愛を育てるラブハート

works-n2465.jpg

バレンタインの頃に作った作品です。
やっぱりこの時期はハートものを作りたくなっちゃいます。
真っ赤なハートの上で手をつなぐ、仲良しうさぎさんたち。
世界中が愛に包まれますように~。



土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

2008年ネズミ年

works-n2460.jpg

2008年の年賀状に使った作品です。
ネズミ年といえど、うさぎ好きにはうさぎさんははずせないのです。

ネズミくんもちょっと憤慨(笑)
ねず:「今年はオイラの年なのに、なんでお前がいるんだよっ!」


土:並こし
形成:手びねり
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

初練り込み

works-n2454.jpg

カレー皿です。
今まで難しそうで敬遠してた「練り込み」という技法に挑戦。
薄くスライスした二色の土を交互に重ねて、境目がなじむまで圧着し、数日寝かせます。
そして、その重ねた方向とは違う向きにさらにスライスするとしましま模様になるのです。
これをうさぎの形のクッキー抜きで抜いて、タタラで作った皿に貼り付け、たたいてなじませたらこんな皿が出来上がりました♪


二色の土の圧着が甘かったのか、境目に小さなヒビが~(涙)
works-n2455.jpg


土:並こし、テラコッタ
形成:練り込み、タタラ
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

あーん!

works-n2361.jpg

一応花器のつもりで作りましたが・・・・。
あーん!と大きく開けたおクチにお花を生けるのはちょっとねぇ・・・(^_^;)


土:テラコッタ
形成:手びねり
釉薬:なし
焼成:還元焼成

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。