陶芸作品ギャラリー

うさぎをモチーフに作った人形やら器やら小物やらの作品集です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリスマスリース

works-n2514.jpg


毎年クリスマス時期には、小さなリースを作っています。
なぜ「小さな」かと言うと、我が家は狭いので、ちょこちょこっと飾れるぐらいがベストサイズなんです。
すべて我が家が基準・・・(^_^;)
しかし、これはちょっと大きめ・・・と言っても手のひらをめいっぱい広げたぐらいの大きさですが。
聖夜にうさキッス♪


土:FIMO(樹脂粘土)
仕上げ:アクリル樹脂系ニス
スポンサーサイト

ぶら下がりウサンタ

works-n2444.jpg


ぶら下げタイプの飾りです。
このリース、実は、某製品のリサイクル。
接着剤やら、塗料やら、樹脂やらをむりやりこそげ落として、うさぎさんやら、造花やら、いろんなパーツを接着。
改造にめちゃめちゃ時間かかっちゃいました。
なんだか、一から作った方が早かったような気がしてならないんだけど・・・(^_^;)

いろんなポーズのウサンタさんがいるのです。
works-n2446.jpg



土:FIMO(樹脂粘土)
仕上げ:アクリル樹脂系ニス

クリスマスツリー2007その3

works-n2436.jpg


うさフェスタでそそくさと完売してしまったツリー。
お客様からリクエストがあったので、うさフェス後に材料を入手して、追加で作ったツリーです。
うさフェス終わってからだと、クリスマス材料はあふれかえるほど売られてました。
もうちょい早く入手できたらよかったのに・・・。
翌年のクリスマスに使えそうな材料をちょっぴり早め(?!)に購入しておきました。


土:FIMO(樹脂粘土)、SNOW-TEX
仕上げ:アクリル樹脂系ニス

クリスマスツリー2007その2

works-n2431.jpg


これも、前年の残り材料でかろうじて作れたツリー。
これも限定4個のみ。
ぶら下がってるツリーのオーナメントは、暗いところでほんのり光りを放ちます。

うさフェスでは、ありがたいことに、開場直後にクリスマスものは完売。
次回はガッツリ準備して行かなくちゃ。


土:FIMO(樹脂粘土)
仕上げ:アクリル樹脂系ニス

クリスマスツリー2007

works-n2430.jpg


毎年横浜で開催される「うさフェスタ」。
2007年は、例年よりもちょっと早めの開催となりました。
毎年クリスマス向けの作品が人気なので、今年もたくさん出品したかったのに、前出のように開催時期がちょっと早いせいで、クリスマス向けの材料がまだ巷に出回っておらず・・・(涙)
前年に仕入れて残ってた材料で作ったツリーです。
限定4個のみ。かなしー。

works-n2429.jpg



土:FIMO(樹脂粘土)
仕上げ:アクリル樹脂系ニス

ぷち三つ足碗

works-n2427.jpg

某展示会で、ほんわか&ふんわりしたパステルカラーのような色使いで、ザラリとした質感のカップを見ました。
その着色は、色土ではなく、化粧でもなさそうで、釉薬でもなさそうで、上絵でもなく。
作家さんがいなかったので、どうやって着色したのか分かずじまいですが、その陶器がずーーっと記憶の中にひっかかってました。
あのときひとつ購入しとけばよかったー。せめて作家名聞いておけば・・・。

記憶を頼りに作ってみることにしました。
白化粧の上から、めちゃくちゃ薄ーーーく溶いた下絵の具をベタ塗り。そしてこれまた薄ーい透明釉。
う゛ーーーん。
かなり近いような気が・・・でもなんかちょっと違う。
でもかわいくできたから、ま、いいか~♪
エッグスタンドにジャストサイズです。


土:テラコッタ、白化粧土
形成:手びねり
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

花器たち

works-n2404.jpg

もうちょっと赤黒っぽいさびた金属っぽい感じの仕上がりを期待してたんだけど、酸化焼成では無理っぽいことが判明(涙)
還元は私んちの窯では無理なので、リトライする時は還元できる貸し窯屋さんへ持ち込んでみようと思います。
しかし、これはこれでうまく出来上がってるのでよし。


works-n2408.jpg

以前、赤土に織部(濃い緑)をかけたら、緑が濃すぎたので、今回はもう少し薄い緑色のペルシャ青をかけました。
白化粧したところとしてないところの発色の違いもキレーに出てると思います。
うさぎ型にカットしたクラフトテープを貼って、白化粧&釉薬をふせました。



土:並こし
形成:手びねり
釉薬:白マット
焼成:酸化焼成


土:並こし&テラコッタ&赤7号他MIX、白化粧土
形成:手びねり
釉薬:ペルシャ青
焼成:酸化焼成

花器いろいろ

works-n2383.jpg

宇宙に向けて発射しそうなロケットっぽい形の一輪挿しです。
織部釉をかけた上から卯の斑釉をかけてマイルドな色合いになりました。


works-n2387.jpg

こちらは、撥水剤で境界線を引き、釉薬を色分けして塗りました。
なんだかスペイン陶器風な仕上がり。


works-n2390.jpg

地球儀のようなまんまる一輪挿し。
大地の緑と海の青ということで・・・(^_^;)



土:並こし&テラコッタ&赤7号他MIX
形成:手びねり
釉薬:卯の斑、織部
焼成:酸化焼成


土:並こし&テラコッタ&赤7号他MIX
形成:手びねり
釉薬:銀鼠マット、ブライトキウィ、ダークストロー
焼成:酸化焼成


土:並こし
形成:手びねり
釉薬:透明、青伊羅保、織部
焼成:酸化焼成

ハロウィン

works-n2379.jpg

魔女とかぼちゃランタンと黒こうもり。
ちびうさぎさんもお化けに扮して、おやつをおねだりしまーす。
ちょっぴりキケンな裏技を使って、形成から仕上げまでなんと一日で完成!
しかし、そのキケンな裏技のせいで、2体失敗しました・・・(-_-;)


土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

一緒にお食事

works-n2378.jpg

食事の時に使う箸置には、食事してるうさぎさん。
一緒に楽しくお食事しましょう!


土:並こし
形成:タタラ
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

UFO

works-n2367.jpg

UFO出現!
何だか不思議なオブジェですが、実は花器です。
いくつもあいてる小さな穴。その日の気分で好きな場所に花を挿すのです。

お花がない時はスティック状のお花やうさぎさんを挿して。
works-n2375.jpg



土:テラコッタ、白化粧土
形成:タタラ、石膏型に貼り付け
釉薬:透明(内部のみ)
焼成:還元焼成

ふんばりうさぎさん

works-n2352.jpg

さわやかな草原とかわいいお花。
そして、風景をながめながらのんびりうさぎ・・・のようですが、なんだか必死でしがみついてるような姿勢になりました(^_^;)

同柄の小皿もありますよ。


土:並こし
形成:手びねり
釉薬:透明、織部
焼成:酸化焼成

ばんざーい!

works-n2349.jpg

うれしいことがあって、ハッピーハッピー♪
思わず万歳なうさぎさん。

裏側はこんなふうになってます。
かわいいまんまるしっぽ付き。
works-n2351.jpg



土:並こし
形成:手びねり
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

ピッチャー型花器

works-n2346.jpg


窓から顔を出したようなうさぎさんを描きました。
高台は三本足です。


土:並こし
形成:手びねり
釉薬:透明、青伊羅保、織部
焼成:酸化焼成

花か楊枝か・・・

works-n2343.jpg


ガラスのミルクピッチャーを利用した、小さな小さな一輪挿しです。
大きさは、6cm四方ぐらい。
場所を選ばず、どこにでもちょこんとお花を飾れます♪
爪楊枝立てにもバッチリ!


土:半磁器
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

涼しげな青ガラス

works-n2337.jpg


高さ1~2cmの小さなガラス片に座ってる小さなうさぎたち。
いつもと同じ要領で焼いたら、小さいせいか、ちょっと焼きすぎたかも・・・(^_^;)


土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

パフェ食べるぞー!

works-n2327.jpg


ミニチュアのグラスにシリコーンでパフェを作って入れました。
流入用シリコーンはいつも使ってるんですが、
知り合いの作家さんから教えていただいて、初めて使ったコーキング剤。
クリームの部分に使ってます。
本来は建築用ですが、こんな使い方できるんですね(^_^)v

美味しそうなパフェ。
うさぎさんもスプーン片手に大喜びです。


土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

たんぽぽのカードクリップ

works-n2316.jpg


天然の素朴な木を使ったカードクリップにうさぎさんをつけました。
ちょこんとかけた両手がかわいいのです♪
たんぽぽの造花をつけましたが、季節によって、お花が変わるのです。


土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

携帯ストラップ

works-n2295.jpg


うさぎ型陶ビーズを使った携帯ストラップ。
Tピンにガラス玉を通したり、金具をペンチで曲げたり切ったりつないだり。
ビーズアクセサリー職人気分を味わえた一品です(笑)


土:並こし、黒泥
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

きのこハウスのライト

works-n2309.jpg


「ぼくんちへようこそー!」
うさぎさんのおうちは、大きなきのこ。
大きな窓にかわいい煙突、小さな小部屋もついてます。
屋根は鳥さんたちの憩いの場になっています。


きのこハウスの裏側では、こんなふうに窓から外を眺めたり・・・・。
works-n2302.jpg


外の鉢植えにお水をあげたり。
works-n2305.jpg


そして、陽が暮れるとこんなふうに温かい光が漏れ出るのです。
works-n2310.jpg



土:並こし、テラコッタ、並こし&テラコッタMIX、黒泥
形成:手びねり
釉薬:透明(うさぎ、鳥、窓枠のみ)
焼成:酸化焼成

夏のお昼寝

works-n2294.jpg


スイカ食べてお腹いっぱい。
扇風機の涼しい風を受けながらお昼寝する夏の午後の風景です。


土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

ティータイム

works-n2293.jpg


仲良しのお友達と楽しいティータイム。

小さなカップやポットを作るのが楽しかったです。
箱の大きさいっぱいいっぱいで作ってしまったので、うさぎさんのお耳が天井に着きそうですね(^_^;)


土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

お花畑

works-n2292.jpg


キレイな花が咲くお花畑で、のどかに遊ぶ3匹のうさぎさんです。


土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

ウール100%!

works-n2289.jpg


熱心に編み物をするうさぎさん。
帽子がうまくできたので、次はマフラー?
おチリが寒いのに気づいた羊さん。
かなりお怒りですよ。


土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

ゾウさんシャワーで水遊び

works-n2286.jpg


夏はお庭にプールを出して水遊び。
ゾウさんのシャワーが楽しそうです。
虹も作れちゃうかも!


土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

虫歯痛いー(>_<)

works-n2283.jpg


カバさんの虫歯治療。
お口が大きいから治療しやすい?
大きな体でもコワイもんはコワイ。
鳥さんたちが見守ってくれてます。


土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

キングのイメチェン

works-n2279.jpg


うさぎさんの美容室にライオンさんがご来店。
お望みのヘアスタイルは、虹色アフロ!
さて、うまくいくかな?
失敗したら一大事~!うさぎさんドキドキです。


土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

びばのんのーん

works-n2276.jpg


おサルさんと一緒にほっこり温泉♪
あ~、いい気持ち!


土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

キリンさんに乗って

works-n2274.jpg


風船が飛んでって、木にひっかかってしまいました。
だけど大丈夫!
キリンさんが取るのを手伝ってくれました♪

うさぎさんと仲間たちシリーズ(笑)
半立体の動物たちをBOXに入れて、置いたり、壁にかけたりできる作品になりました。


土:オーブン陶土
仕上げ:アクリル絵の具、アクリル樹脂系ニス

角皿

works-n2198.jpg


石膏型に沿わせて作ったのに、なぜかかすかにねじれて出来上がり、ガタつきが気になる角皿・・・ガックリ。
撥水剤でうさぎさんを描きました。
右の皿は「ペルシャ青」という釉薬を使ったんですが、かなり流れやすい釉薬だったようで、同じ柄で作ったカップは、デロデロ流れて恐ろしげな仕上がりになってしまいました(>_<)
皿は、ちょっと絵柄がニブくなったけど、なんとかOKかな。


土:並こし
形成:タタラ
釉薬:織部(左)、ペルシャ青(右)
焼成:酸化焼成
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。