陶芸作品ギャラリー

うさぎをモチーフに作った人形やら器やら小物やらの作品集です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おいーっす!

works-n2270.jpg

焼く前、なんだかちょっと下唇がぶ厚く出来上がってしまったため、「いかりやロップ」とまで命名されてしまったこのコ(笑)
しかし、焼いてしまえば、あんまり気にならなくなりました。
しかし、このコ、素焼きで後ろ足を負傷(涙)
補修跡がちょっぴり痛々しいわー。


土:テラコッタ、黒泥(目)
形成:手びねり
釉薬:透明(目、耳)
焼成:還元焼成
スポンサーサイト

おちょぼ口がかわいい♪

works-n2263.jpg

何か興味のあるものを見つけた時の、前傾姿勢のたち耳うさぎさんです。
もふっとした口元が大好きなので、口元は特に念入りに作ってますよー。


土:赤3号、黒泥(目)
形成:手びねり
釉薬:透明(目、耳)
焼成:酸化焼成

おねだり中

works-n2252.jpg


赤土で作ったのに、結構白い・・・。
我が家のうさぎ様は、いつもこんな顔して立ち上がって、おやつをねだります。


土:赤3号、黒泥(目)
形成:手びねり
釉薬:透明(目、耳のみ)
焼成:酸化焼成

おだんごちゃん

works-n2246.jpg

まんまるころころのうさぎさん。
おだんご?
寒くなるとよくこのような座り方をしてます。
正面から見るとすごく足短く見えるのよね(笑)


土:テラコッタ、黒泥(目)
形成:手びねり
釉薬:透明(目、耳)
焼成:還元焼成

見上げるうさぎ

works-n2239.jpg

20cmぐらいの大きさの陶うさぎ人形です。
うさぎ雑誌「うさぎと暮らす」17号のグラビアで、ブドウを食べようとして伸び上がってるコを参考にしました♪
我が家には垂れ耳うさぎしかいないので、たち耳さんのポーズは、よくこの雑誌を参考にさせてもらってます。
おすましポーズもかわいいけど、動きのある作品を作るのが楽しいの~。


土:テラコッタと並こしMIX、黒泥(目)
形成:手びねり
釉薬:透明(目と耳)
焼成:還元焼成

森の古木ライト

ライトを作るなら、中に電球を入れなければいけないわけで。
よく見かける市販ライトのパーツを利用すると、電球が切れた場合の取替えを考慮して、電球と手が入れられる空洞を作るか、もしくは作品を二分割して封入ということになる場合が多いのです。
しかし、なんと、外から出し入れできるバネ付き電球っちゅーのを見つけました♪
おかげで、電球出し入れ口は2.5×2.5cmぐらいの小さな穴でOK!
works-n2220.jpg

うさぎに、リスに、鳥さんたち。
古木に集う、森の仲間たちです。


ライトを点けるとこんな感じ。
夕闇が迫る森のひと時です。
works-n2312.jpg



土:テラコッタ (本体)、並こし(動物たち)
形成:手びねり
釉薬:透明(動物のみ)
焼成:還元焼成

お月見時計

works-n2214.jpg

月で飛び跳ねるうさぎさんを見上げる地上のうさぎ。
タタラは乾燥中に反りやすいので気をつけて乾燥させたはずが、何度も失敗して作り直した一品・・・(^_^;)
月の部分に色化粧土を塗ったせいでしょうかね?

見上げてる白ウサギさんは、本体ではなく、スタンドになってます。


土:黒泥 (本体)、並こし(スタンド)
形成:タタラ
釉薬:透明
焼成:酸化焼成

ティータイムの時計

works-n2209.jpg

ジオラマ風味の置き時計です。
お庭では、垂れ耳うさぎさんがお茶を飲みながら優雅にティータイム。
二階からは立ち耳さんが手を振ってます。
あなたもお茶会参加しませんかー?

works-n2212.jpg

お庭部分拡大。
小さなティーポットとかティーカップとかテーブルセットなんかを作るの、楽しかった♪
花壇には造花を植え込みました。

works-n2213.jpg

二階部分。
予想以上の収縮で、準備してた時計の針が窓枠にひっかかって動かないというアクシデントが発生。
なかなかぴったり合う針が見つからず、針探しに苦労しました(笑)


土:並こし
形成:タタラ
釉薬:透明(庭のうさぎ&テーブルのみ)
焼成:還元焼成(本体)、酸化焼成(庭のうさぎ&テーブル)

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。