陶芸作品ギャラリー

うさぎをモチーフに作った人形やら器やら小物やらの作品集です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ミニ茶碗?くみ出し?

works-n4469.jpg


ちょっぴり渋めの仕上がりになりました♪
ワンポイントでうさぎさん。
湯のみのつもりでイベントに出品したら、「ダイエット用のお茶碗にちょうどいいわ!」「孫のお茶碗にプレゼントする!」とかで、おば様がたがこぞってお買い上げして下さいました。
10個あったのが一気に完売。わぉ~うれしい~♪
ミニ茶碗かー。それもいいね。
いろんな使い方ができそうな器です。



土:信楽並漉
形成:電動轆轤
釉薬:透明、青萩、鶸青磁、織部、青伊羅保
焼成:酸化焼成
スポンサーサイト

デサートカップ

works-n4395.jpg


足付きのデザートカップです。
鉢の部分と足の部分を別々にロクロで挽いて合体させました。
上の鉢の部分は3つともほぼ同じサイズに挽けたんですが、足がそれぞれダイコンだったりカモシカだったり。
一個一個違ってても個性があって楽しいので良し。
プリンとかアイスクリームの美味しさが引立つといいな~♪


土:信楽並こし
形成:電動轆轤
釉薬:卯の斑、浅水青磁、コンセプト
焼成:酸化焼成


やっぱりご飯がいいね

電動轆轤の練習をはじめた頃は、筒状の湯のみなどよりも、ラッパ状の飯碗が先に上達しました。
遠心力で外へ広げる形の方が簡単なんだそうな。
なるほどね。

何度も練習したので、この形は得意です。
マスキングテープを使って釉薬をかけ分けました。
外側は、私にはめずらしく(?)、「和」な感じの仕上がりです。
works-n4409.jpg



ご飯を食べ終わると、やはりうさぎさんがお出まし。
works-n4408.jpg




土:信楽並こし
形成:電動轆轤
釉薬:茶釉、織部、透明、コンセプト
焼成:酸化焼成

緑が茶色に

ちょっと深さのある皿を作りたかったのに、なぜか小鉢になっちゃいました(^_^;)
腰のあたりの削りも若干甘いかな~?
安定感のある小鉢です・・・と言っておけば聞こえがいいね。

works-n4384.jpg



カラー釉薬「コンセプト」で塗りわけました。
works-n4381.jpg


うさぎさんの下の地面は、グリーンの原っぱのはずが、発色悪くて茶色になってます・・・。
以前も、たんぽぽカップ作った時にこうなったのよねー。
濃度が薄かった場合に茶色になるんだろうと思ったので、今回は濃い目に塗ったのにまたダメでした。
もっと濃くしなきゃいけないのかな?
それとも、もっと別の原因??



土:信楽並こし
形成:電動轆轤
釉薬:青萩、コンセプト
焼成:酸化焼成

楕円のボウル

楕円の石膏の型を利用して、下半分を作り、そこへ帯状の粘土をぐるりと巻き付けて凹凸をつけました。
茶色の下絵具を薄めに溶いて、たっぷりめに塗って凹凸に濃淡をつけてあります。

works-n4364.jpg


works-n4365.jpg



土:MIX
形成:タタラ
釉薬:白マット、透明
焼成:酸化焼成
次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。