陶芸作品ギャラリー

うさぎをモチーフに作った人形やら器やら小物やらの作品集です

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

飴釉の濃さ

works-n5221.jpg


こげ茶色のロップちゃん。
飴釉を使ってますが、この釉薬、ちょっとした掛け方の違いで全く発色が変わってくるので、難しくも面白い釉薬です。
厚く掛けた方が濃い色に出そうと思いがちですが、、薄めにかけた方が黒に近い濃い色になります。
たっぷりかけると、ツヤツヤした赤っぽい茶色になるんです。
意図的にコントロールすると楽しいかも。



土:いろいろMIX
形成:手びねり
釉薬:灰釉、飴、卯の斑
焼成:酸化焼成
スポンサーサイト

釉薬の霧吹き

works-n5213.jpg


釉薬の霧吹きは、コンプレッサーでもあればラクチンなんでしょうが、そんなのないので吹くタイプのものを使ってます。

釉薬によっては、サラサラして軽い力でサラッと出るものもあれば、粘度が高くて、思いっきり吹いてもなかなか出てこないものもあります。
どれぐらいの強さでどれぐらいの距離から吹くと、狙い通りにかけられるのかが、まだつかめてません。
コントロール難しい・・・。




土:信楽並濾
形成:手びねり
釉薬:灰釉、飴、卯の斑
焼成:酸化焼成

グレーへの道

works-n5203.jpg


期待するグレーへの道はまだ途中。
このコもグレーの表現を求めて、釉薬をあれこれ重ねがけしたうさぎさんです。
重ねることで、グレーに近い深みのある色になりました。
このうさぎさんに関しては、単色でグレーよりもこっちのがいいかもしんない。





土:信楽並濾+テラコッタMIX
形成:手びねり
釉薬:黒マット、灰釉、卯の斑
焼成:酸化焼成

たっち!

works-n5190.jpg


チェスナット風の陶うさぎさん。
赤系の土の上から飴釉を荒めに吹きかけました。
立ち上がって遠くを見つめる姿のうさぎさんです。





土:信楽並濾+テラコッタMIX
形成:手びねり
釉薬:飴、卯の斑
焼成:酸化焼成





三毛のロップちゃん

works-n5066.jpg

グレー、茶、白の三色のブロークンうさちゃん。
前足が体の重さに耐え切れず、作ってる最中にジワジワと前のめりに崩れかけてきて、つっかえに粘土の塊をお腹の下に置いたり、タオルをかませて浮かせてみたりしながら作りました。
カナリヤッカイダッタヨ!
苦労のかいあって、かわいく出来上がりました♪




土:信楽並濾
形成:手びねり
釉薬:黒マット、卯の斑、飴
焼成:酸化焼成


次のページ

FC2Ad

まとめ

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。